共同研究にご興味をお持ちの方へ

企業の方へ

共同研究への姿勢

企業出身教員が主催する宮田研究室は,積極的に産学連携を行っています。人にやさしいコンピュータに関して蓄積した研究技術,知見をもとに,新システム開発や,問題解決にご協力いたします。IoT,Deep Learning等の技術を用いて,低ICTスキルユーザ,高齢者,障がい者等にとって使いやすいシステムを作ることを得意としています。具体的な研究成果はPROJECTをご覧ください。共同研究のご相談は常に募集しております。ご質問はACCESS記載のメールアドレスにご遠慮無くお送りください。

これまでの共同研究プロジェクト

・ソフトバンク株式会社様: 2019年度〜(共有コミュニケーション空間に関する研究開発)
・日本電信電話株式会社様: 2018年度〜(対面コミュニケーション分析に関する研究開発)
・NTTレゾナント株式会社様: 2016〜2017年度(AIを用いた対話型エージェント等の研究開発)

研究者の方へ

共同研究への姿勢

競争的資金への共同応募から,論文の共著,合同ゼミ,日常的な意見交換など,様々なレベルでのコラボレーションを行いたいと考えています。ICT弱者という言葉を無くしたい思いで,人にやさしいコンピュータの実現に全力で取り組んでいます。同じ思いの方はぜひお声がけください。

これまでのコラボレーション

BScanner 科研費基盤B 研究分担者: 津田塾大学 村山優子先生
BScanner – Barrier Seeker 論文共著: 日本大学 古市昌一先生・粟飯原萌先生
Tornedge 論文共著: お茶の水女子大学 伊藤貴之先生