Praiser

対話において褒めることは重要である。しかし,上手く褒めるためにどのような行動をとれば良いかは未だ明らかにされていない。そこで本研究では,対話における褒め方の上手さと人間の行動の関連性を解明する試みの第一歩として,頭部・顔部の振る舞いに着目し,実対話データを用いて褒め方の上手さとの関連性を解明する取り組みを行う。褒め方の上手さと人間の行動の関連性の分析方法として,頭部・顔部の振る舞いに関連する特徴量を用いて褒め方の上手さの評価値を推定する機械学習モデルを構築し,どのような特徴量が褒め方の上手さの評価値を推定する上で重要であるか検証する。

In this work, as a first attempt to analyze the relationship between praising skills and human behavior in dialogue, we focus on head and face behavior. We create a new dialogue corpus including face and head behavior information of persons who give praise (praiser) and receive praise (receiver) and the degree of success of praising (praising score). We also create a machine learning model that uses features related to head and face behavior to estimate praising score, and clarify which features of the praiser and receiver are important in estimating praising score. The analysis results showed that features of the praiser and receiver are important in estimating praising score and that features related to utterance, head, gaze, and chin were important. The analysis of the features of high importance revealed that the praiser and receiver should face each other without turning their heads to the left or right, and the longer the praiser’s utterance, the more successful the praising.

受賞
  1. 2020.06 マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO 2020)シンポジウム ヤングリサーチャ賞: 音声および視線・表情・頭部運動に基づく上手い褒め方の評価システムの検討 (山内愛里沙).
  2. 2019.11 情報処理学会グループウェアとネットワークサービスワークショップ2019 ベストプレゼンテーション賞: 褒め方の上手さの推定における頭部・顔部の効果 (大西俊輝).
  3. 2019.07 マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2019)シンポジウム ヤングリサーチャ賞: 対話における上手い褒め方のモデリングの基礎検討 (大西俊輝).
査読付国際会議
  1. [To be appeared] Toshiki Onishi, Arisa Yamauchi, Ryo Ishii, Yushi Aono, and Akihiro Miyata: Analyzing Nonverbal Behaviors along with Praising. Proc. 22nd ACM International Conference on Multimodal Interaction (ICMI ’20) (2020).
査読付国内会議
  1. 【受賞:ベストプレゼンテーション賞】大西俊輝, 柴田万里那, 山内愛里沙, 呉健朗, 石井亮, 富田準二, 宮田章裕: 褒め方の上手さの推定における頭部・顔部の効果. 情報処理学会グループウェアとネットワークサービスワークショップ2019論文集, Vol.2019, pp.1–6 (2019).
研究会・シンポジウム
  1. 【受賞:ヤングリサーチャ賞】山内愛里沙, 大西俊輝, 武藤佑太, 石井亮, 青野裕司, 宮田章裕: 音声および視線・表情・頭部運動に基づく上手い褒め方の評価システムの検討. 情報処理学会シンポジウム論文集, マルチメディア, 分散, 協調とモバイル (DICOMO 2020), Vol.2020 (2020).
  2. 山内愛里沙, 大西俊輝, 呉健朗, 武藤佑太, 石井亮, 青野裕司, 宮田章裕: 表情・音声を用いた褒め方の上手さを評価するシステムの基礎検討. 情報処理学会インタラクション2020論文集, pp.247–252 (2020).
  3. 【受賞:ヤングリサーチャ賞】大西俊輝, 柴田万里那, 呉健朗, 石井亮, 富田準二, 宮田章裕: 対話における上手い褒め方のモデリングの基礎検討. 情報処理学会シンポジウム論文集, マルチメディア, 分散, 協調とモバイル (DICOMO2019), Vol.2019, pp.656–662 (2019).

この研究は日本電信電話株式会社との共同研究である。
This project is being conducted with NTT Corp.

Back to the project list