xSeal

xseal

現在,スマート家具・家電と呼ばれるものの多くは,ユーザが何かデバイスを装着したり,不自然な行動(例:恣意的なジェスチャを行う,音声コマンドを発する)をしたりすることを前提としている。本研究では,スピーカ・センサを内蔵した小型デバイスを家具に装着することで,家具そのものがインテリジェントになったかのような効果を実現する。これにより,ユーザは特別なデバイスを装着することなく,家具をいつもどおり使うだけで,暮らしを支援するサポートメッセージを家具から受け取れる。

Demo movie

受賞
  1. 2016.01 情報処理学会 情報処理学会論文誌ジャーナル/JIP特選論文: Use It Once,Then Use It As Usual:家具の動作制約を利用したモーションマッチング手法 (宮田章裕, 有賀玲子, 望月崇由, 井原雅行, 山田智広).
  2. 2013.07 マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2013)シンポジウム 最優秀プレゼンテーション賞: 家具をインテリジェント化するデバイスの実装と評価 (宮田章裕).
  3. 2013.03 情報処理学会インタラクション2013 インタラクティブ発表賞: 貼りつけるだけで家具をインテリジェント化するデバイス (宮田章裕,有賀玲子,宮下広夢,佐藤隆,井原雅行,小林透).
査読付論文誌
  1. 宮田章裕, 有賀玲子, 望月崇由, 井原雅行, 山田智広: 【受賞:特選論文】Use It Once, Then Use It As Usual: 家具の動作制約を利用したモーションマッチング手法. 情報処理学会論文誌, Vol.57, No.1, pp.196–208 (2016).
研究会・シンポジウム
  1. 宮田章裕, 有賀玲子, 佐藤隆, 井原雅行, 山田智広: 貼り付けるだけで家具をインテリジェント化するデバイスのサービスデザイン検討. 電子情報通信学会技術研究報告(MVE), マルチメディア・仮想環境基礎, Vol.113, No.470, pp.139–144 (2014).
  2. 宮田章裕, 有賀玲子, 宮下広夢, 柳沢豊, 佐藤隆, 井原雅行, 小林透: 【受賞】家具をインテリジェント化するデバイスの実装と評価. 情報処理学会シンポジウム論文集, マルチメディア, 分散, 協調とモバイル (DICOMO2013), Vol.2013, pp.608–616 (2013).
  3. 宮田章裕, 有賀玲子, 宮下広夢, 佐藤隆, 井原雅行, 小林透: 【受賞】貼りつけるだけで家具をインテリジェント化するデバイス. 情報処理学会インタラクション2013論文集, Vol.2013 (2013).

この研究はNTTサービスエボリューション研究所在籍時に行われた。
This project was conducted when Miyata worked for NTT Service Evolution Laboratories.

Back to the project list