論文誌2件採録

2020年度開始早々,査読付論文誌に2件採録されました。

1件目は,科研費で取り組んでいる,
ニューラルネットワークを用いて
歩行データから路面バリアを検出する研究です。

Akihiro Miyata and Kazuki Okugawa: A Comparative Study of Neural Network Structures for Detection of Accessibility Problems. Transactions of the Virtual Reality Society of Japan, Vol.25, No.3 (2020年掲載予定).

2件目は,ボケるエージェントの続編の
ツッコむエージェントに関する研究です。

呉健朗, 富永詩音, 武藤佑太, 宮田章裕: 複数対話型エージェントの役割分担によるユーモア生成システム. 情報処理学会論文誌, Vol.61, No.8 (2020年掲載予定).

キャンパスも事実上閉鎖状態のため
宮田研メンバも思うように研究が進められていませんが
これからも研究室一同,頑張っていきたいと思います。