B4柴田さんが第62回UBI研究会で発表

2019/6/7に宮田研B4柴田さんが
情報処理学会第62回UBI研究会で下記論文を発表しました。
ご指導・ご意見いただいた皆様,誠にありがとうございました。

柴田万里那, 大西俊輝, 呉健朗, 宮田章裕: 柔らかい物体の動きによる共感表現方法の基礎検証. 情報処理学会研究報告(UBI), ユビキタスコンピューティングシステム, Vol.2019-UBI-62, No.11, pp.1–6 (2019).

情報処理学会論文賞を2年連続受賞

2019/6/5に下記論文に対して情報処理学会論文賞を受賞しました。
本研究をご指導・ご支援いただいた皆様,誠にありがとうございます。
なお,当研究室は2年連続の論文賞受賞となります。

宮田章裕, 荒木伊織, 王統順, 鈴木天詩: 健常歩行者センサデータを用いたバリア検出の基礎検討. 情報処理学会論文誌, Vol.59, No.1, pp.22-32 (2018).

受賞対象の論文では,歩行者のスマートフォンで計測したセンサデータをDeep Learningで分析することで,屋内外のバリア(例:坂道,階段)を自動検出する技術を提案しています。この研究が進むと,世界中のバリアフリーマップを自動生成できる可能性があります。

本プロジェクトページ
学会紹介ページ
学部紹介ページ

M1呉君がIPSJ山下記念研究賞

情報処理学会第81回全国大会会場にて
M1呉君が下記発表に対して山下記念研究賞の
表彰を受けました。

呉健朗, 玉城和也, 中村仁汰, 宮田章裕:
紙をちぎることで電子情報を手渡すインタラクション方式の基礎検討.
情報処理学会シンポジウム論文集,
マルチメディア, 分散, 協調とモバイル (DICOMO2017), pp.1493–1499 (2017).

山下記念研究賞受賞紹介ページ

IPSJ全国大会で学生奨励賞

2019年3月14日〜16日に開催された
情報処理学会第81回全国大会
M1呉健朗君が下記発表を行い
学生奨励賞を受賞しました。

呉健朗, 宇野広伸, 本岡宏將, 樋口恭佑, 宮田章裕:
Vection誘発映像による凹凸バリアシミュレータの実装と評価.
情報処理学会第81回全国大会講演論文集, Vol.2019, pp.4:43–4:44 (2019).

インタラクション2019で登壇2件・デモ7件

2019年3月6日〜8日に開催された
情報処理学会インタラクション2019にて
宮田研から登壇2件,デモ7件の発表を行いました。

富永詩音, 呉健朗, 伊藤貴之, 宮田章裕:
自由に紙をちぎって電子情報を手渡すインタラクション方式の提案.
情報処理学会インタラクション2019論文集, pp.75–81 (2019).

小林舞子, 小林優維, 呉健朗, 大和佑輝, 宮田章裕:
Tap Messenger:タップのみでコミュニケーションを行うシステムの提案.
情報処理学会インタラクション2019論文集, pp.67–74 (2019).

立花巧樹, 富永詩音, 大西俊輝, 呉健朗, 宮田章裕:
ベビーカー利用時における周囲への動作予告手法の基礎検討.
情報処理学会インタラクション2019論文集, pp.179–181 (2019).

本岡宏將, 呉健朗, 宇野広伸, 樋口恭佑, 宮田章裕:
電動車椅子とHMDを用いたバリアシミュレーションの検討.
情報処理学会インタラクション2019論文集, pp.476–478 (2019).

内田大樹, 立花巧樹, 富永詩音, 呉健朗, 宮田章裕:
影を用いた誘目性と受容性を両立する情報提示方法の基礎検討.
情報処理学会インタラクション2019論文集, pp.504–507 (2019).

柴田万里那, 大西俊輝, 呉健朗, 長岡大二, 中原涼太, 宮田章裕:
柔らかい物体の動きによる共感表現方法の基礎検討.
情報処理学会インタラクション2019論文集, pp.572–575 (2019).

鈴木颯馬, 立花巧樹, 大和佑輝, 呉健朗, 富永詩音, 宮田章裕:
finDrawers: 収納物を検索可能な引き出しの基礎検討.
情報処理学会インタラクション2019論文集, pp.864–866 (2019).

GNWS2018表彰の学部Webページ掲載

GNWS2018でベストペーパー賞,ベストプレゼンテーション賞をいただいた
下記研究に関する記事が日本大学文理学部Webページに掲載されました。
https://www.chs.nihon-u.ac.jp/kenkyu/2019-02-27/10519/

中原涼太, 長岡大二, 呉健朗, 大西俊輝, 柴田万里那, 宮田章裕: 複数対話型エージェントの役割分担によるユーモア生成システムの基礎検討. 情報処理学会グループウェアとネットワークサービスワークショップ2018論文集, Vol.2018, pp.1–8 (2018).

下記のような立派な賞状もいただきました。
おめでとうございます。

インタラクション2019登壇発表に2件採録

インタラクション2019の登壇発表に
2件採録していただきました。

1件目はB4富永君の論文です。
自由に紙をちぎって電子情報を手渡すインタラクション方式の提案
お茶大の伊藤先生に大変なご指導をいただきました。

2件目はB4小林さんの論文です。
Tap Messenger:タップのみでコミュニケーションを行うシステムの提案
NTTクラルティの皆様にご意見をいただきながら
研究開発を続けてきました。

上記以外の方々にも,
DICOMO,GNワークショップ等で
大変多くのご指導をいただいてきました。
誠にありがとうございます。

  • 富永詩音, 呉健朗, 伊藤貴之, 宮田章裕: [掲載予定]自由に紙をちぎって電子情報を手渡すインタラクション方式の提案. 情報処理学会インタラクション2019論文集 (2019).
  • 小林舞子, 小林優維, 呉健朗, 大和佑輝, 宮田章裕: [掲載予定]Tap Messenger:タップのみでコミュニケーションを行うシステムの提案. 情報処理学会インタラクション2019論文集 (2019).

GNWS2018で2件受賞

2018/11/15-16に長野県松本市で開催された
情報処理学会グループウェアとネットワークサービスワークショップ2018にて
B4中原君,富永君,樋口君が研究発表を行いました。

ボケるAIに対してツッコむAIを開発した中原君は
ベストペーパー賞とベストプレゼンテーション賞の
ダブル受賞となりました。大変素晴らしいです。

中原涼太, 長岡大二, 呉健朗, 大西俊輝, 柴田万里那, 宮田章裕:複数対話型エージェントの役割分担によるユーモア生成システムの基礎検討. 情報処理学会グループウェアとネットワークサービスワークショップ2018論文集, Vol.2018, pp.1–8 (2018).
研究紹介:Joker

富永詩音, 呉健朗, 立花巧樹, 宮田章裕:自由に紙をちぎって電子情報を手渡すインタラクション方式の基礎検討. 情報処理学会グループウェアとネットワークサービスワークショップ2018論文集, Vol.2018, pp.1–7 (2018).
研究紹介:Tearing IF

樋口恭佑, 大和佑輝, 呉健朗, 栗田元気, 鈴木颯馬, 宮田章裕:認知症のある人との会話トレーニングシステムの基礎検討. 情報処理学会グループウェアとネットワークサービスワークショップ2018論文集, Vol.2018, pp.1–4 (2018).
研究紹介:Dementia Agent