修了・卒業と優等賞・学部長賞

2021/3/25に修了式/卒業式が行われ,
宮田研からは修士3名が修了,学士7名が卒業しました。
うち学士5名は大学院生として引き続き宮田研メンバです。

式典では,B4今井君の優等賞,
B4奥川君の学部長賞の表彰もありました。
おめでとうございます。

翌3/26には研究室で送別会を行いました。
この社会情勢ですのでVR研究室での実施でしたが
そのVR研究室はB3前田君の活躍により
送別会バージョンに飾り付けられていました。

次年度も,素晴らしいメンバで力を合わせて
今まで以上の研究成果を創出していきます。

2020年度修論発表会

2021/2/16にオンラインで
日本大学大学院総合基礎科学研究科地球情報数理科学専攻
情報科学部門の修論発表会が開催され,
宮田研からは下記の修論発表を行いました。

* 栗田元気: 共有空間におけるコミュニケーションフェーズの段階的制御手法
* 富永詩音: ちぎり分けられた紙片間の形状特徴マッチング技術
* 大和佑輝: ゲーミフィケーションを用いたバリア検出のための歩行データ収集システムの研究

どの発表も大変素晴らしかったです。

2020年度卒業研究発表会

2021/2/15にオンラインで
日本大学文理学部情報科学科
谷・北原・宮田研卒業研究・演習発表会が開催され,
宮田研からは下記の卒業研究発表を行いました。

* 奥川和希: 連続的・大量のバリア情報の直感的可視化の検討
* 武藤佑太: ノリツッコミを行う対話型エージェント
* 尹泰明: オンライン講義において学生の内職を抑止するフィードバック手法の比較
* 秋山和隆: Deep Learningを用いたベビーカー動作予告システムの実装
* 大河原巧: VRバリアシミュレータのためのオーサリングツールの基礎検討
* 今井廉: ビデオ会議における会話の流れの可視化効果の調査
* 山内愛里沙: 音声および視線・表情・頭部運動に基づく上手い褒め方の評価システム

どの発表も大変素晴らしかったです。2年間お疲れ様でした。
うち5名は大学院に進学して研究の継続・発展を行う予定です。

なお,尹君と武藤君の発表は
当日投票により優秀発表賞(2位・3位)に選定されました。
おめでとうございます。

BFREE 2020も大盛況でした

本日,2020/12/14にオンラインで
BFREE 2020を開催し,大盛況に終わりました。

昨年に続き,第2回となる本ワークショップは
社会情勢に鑑みオンライン開催となりましたが
各社・各大学から多様な方がご登壇・ご聴講くださり
多様性にあふれた素晴らしい会になりました。

ご登壇くださった,
SoftBank 呉様,NTT 蔵内様,津田塾大学 村山先生,
NTT 青木様,日本大学 古市先生・粟飯原先生,
誠にありがとうございました。

BFREE恒例となりつつある
その場の無茶振りによるショートトークをご快諾くださり
即興で素晴らしいお話をお聞かせいただきました
NTT 市川様,情報経営イノベーション専門職大学 落合先生,
誠にありがとうございました。

本ワークショップの入念な準備と司会進行をしてくれた
B4 奥川君・尹君,B3 村山君,その他各メンバも
大変な活躍を見せてくれました。

BFREE 2021でまた会いましょう!

BFREE 2020

昨年,大好評をいただいたバリアフリーに関するワークショップを
今年もBFREE 2020として開催いたします。
(BFREE 2019の様子)

BFREE 2020では
バリアフリー関連技術の研究・ビジネスシーンの
第一線でご活躍なさっている方々にご講演いただき
ご参加者の皆様と議論を深められればと思います。

■日時 :2020年12月14日(月) 13時
■場所 :オンライン (★)
■主催 :BFREE 2020実行委員会
■参加費:無料 (申込〆切:2020年12月4日 12月10日正午) 参加登録フォーム

★:参加登録してくださった方には会場URLをお送りしております。
万が一,ご連絡が届いていない場合は下記フライヤ最下段の連絡先までご一報ください。

■講演リスト(敬称略)
Talk 1: 猫の手コンピュータ (SoftBank 呉健朗)
Talk 2: 疎な移動履歴からの歩道の通行可否推定 (NTT 蔵内雄貴)
Talk 3: バリアフリー情報支援における新たな視点: 状況把握 (津田塾大学
 村山優子)
Talk 4: 障がい者と協調した課題解決アプローチの 実践事例からバリアフリーを振り返る (NTT 青木良輔)
Talk 5: シリアスゲーム:ゲームが持つ不思議なチカラの応用法 (日本大学 古市昌一)
Talk 6: シリアスゲームジャム:みんなのバリアフリー(3) (日本大学 粟飯原萌)
Talk 7: バリア情報収集プラットフォームBScanner (日本大学 宮田章裕)

the flyer of bfree 2020

2020年度第2回デザインコンテスト

宮田研恒例のB3デザインコンテストの第2回を開催しました。

例年は実空間プログラミングのコンテストなのですが
第1回同様,COVID-19の影響でオンライン開催となりました。

それにも関わらず,
秀逸なアイデアを実現した作品が揃い
非常に充実したコンテストになったと思います。

下記のような素晴らしい作品が発表されました。
・映像から咀嚼回数をカウントするシステム
・自動翻訳チャット
・決まった時間に運動を促す音楽を再生するシステム

2020年度第1回デザインコンテスト

宮田研恒例のB3デザインコンテストを開催しました。
(有志が何やら素敵なロゴを作成してくれました。)

例年は実空間プログラミングをすることが条件で
プログラミング,電子工作,紙・木・布工作の
総合格闘技の様相を呈しているのですが
今年度は残念ながらCOVID-19の影響で
それは叶いませんでした。

そこで,今回は,
Webブラウザで動くゲームを作成して
プレゼンテーションする大会になりました。

各チームとも,JS,Unityを駆使して
計算ゲーム,アクションゲーム,
トレーディングゲーム等を制作しました。
どれもハイクオリティで大盛況でした。

宮田研は比較的実世界指向の研究テーマが多いのですが
今年はオンラインを舞台にしたものが
増えていくのかもしれません。


ランダムに提示された4つの数字の加減乗除で演算結果を10にする計算ゲーム


車椅子で段差や坂道を乗り越えて進むアクションゲーム


株取引を体験できるトレーディングゲーム

2019年度修論発表会

2020年2月13日に
日本大学大学院総合基礎科学研究科
地球情報数理科学専攻情報科学部門の
修論発表会を開催しました。

宮田研からは下記の修論発表を行いました。

呉健朗:複数の対話型エージェントによる ユーモア生成システムの研究

2019年度卒論発表会

2020年2月5日に
日本大学文理学部情報科学科の
斎藤研・北原研と合同で
卒論発表会を開催しました。
http://www.kthrlab.jp/sotsuken/FY2019/

宮田研からは下記の卒論発表を行い,
内田君・大西君が優秀発表賞1位(得票数同数),
立花君が優秀発表賞3位に選出されました。

柴田万里那: 柔らかい物体の動きによる共感表現方法
小林優維: 身体へのタップジェスチャでコミュニケーションを行うシステム
大西俊輝: 頭部・顔部に着目した上手い褒め方のモデリング
内田大樹: 影を用いた誘目性と受容性を両立する情報提示方法
本岡宏將: HMDと電動車椅子を用いたバリアシミュレータの移動距離削減
鈴木颯馬: finDrawers: 収納物を検索可能な引き出し
立花巧樹: 実世界オブジェクトを用いた空間内における問題発見手法


卒論発表会場の様子


受賞者の様子(左から内田君,大西君,立花君の代理の呉君)

東京工科大学井上研との合同ゼミ

2019/12/13に
日本大学文理学部ラーニング・コモンズにて
東京工科大学コンピュータサイエンス学部
井上研との合同ゼミを実施しました。
井上研はVR技術等を駆使して
エンターテインメントや食メディアを生み出す
非常にクリエイティブな研究室です。
https://scrapbox.io/teu-hil/

今回は両研究室から研究発表を行う形式です。
20件近くの発表と学会さながらの質疑が行われ
大変充実した時間でした。

このような取り組みを今後も継続していきます。